岡田の谷の半夏生園

岡田の谷の半夏生園

説明

山の深い緑に囲まれた岡田の谷には、希少な「半夏生(はんげしょう)」が約3,000㎡に渡って群生しています。七十二侯の1つ「半夏生」の頃に花を咲かせることからその名がついたと言われ、見頃の7月上旬から下旬には葉の上部数枚が白く色づき、まるで緑の上に白い絨毯を敷いた様な美しい光景が広がります。青空の下、半夏生が織りなす鮮やかな色彩は、夏の暑さにひとときの涼を与えてくれます。

半夏生(はんげしょう)

ドクダミ科の多年生落葉草本植物。年々生育に適した土地が減少していることから、奈良県の準絶滅危惧種にも指定されています。

見頃 7月上旬~下旬
住所 奈良県宇陀郡御杖村神末2735番地(駐車場)
観賞時間 自由
駐車場 あり(大型車両不可)
トイレ あり

ページのトップへ

ページのトップへ戻る